読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FUZZ AROUND

effector archive

castledine MkONE

ご無沙汰してます。
全国1000万人のfuzzギークの皆様!
FUZZ AROUNDです!
かなりブログのスパンはあいてますが、相変わらずバカみたいにTONE BENDERは集めてます! 笑
近況を軽く紹介しますと、例年にも増して、凄い貴重な体験をさせていただいてます!
一部のブログを読んで下さる、FUZZギークの方々のおかげでレアなペダルやオリジナルのmk.2から、supafuzz、buzzaround までと弾かせていただき未だに興奮していますが、感想としてオリジナルってこんな感じなんだ、tonebenderのモノホンとリイッシュの音の違いが体験できたりと、FUZZ、tonebender三昧でした!
素晴らしい会合に参加した方々や機材を弾かせていただいたspwonderboyさんこの場を借りてありがとうございました。
この感動をレポートしたいとおもいますが、また機会を改めブログに載せれればと思っております!
さて、本題に入りますが今回は、castledine MkONEを紹介していきます!
まずは、写真!
f:id:dot0610:20170331001324j:plain
mk.1ケースって黒ってなんかゴスな感じですが、凄いかっこいいです!
何というか前に紹介した、D.A.MのTBシリーズのようにカラフルな感じにくらべ、シックな感じがしますし重圧な感じがします!
中身です!
f:id:dot0610:20170331002049j:plain

f:id:dot0610:20170331002627j:plain

トランジスターは2G384が2発!! ムラードのOC71が載ってます!
抵抗類もD.A.Mや、pigdogものに比べて小さい感じががしますが、音をだしてみると、ローの感じがふっとい感じです。
前回紹介したD.A.M 1965に比べ腰が低い感じがしますし、ギター側のVOを絞るとかすれ具合はmk.1だなーとおもいますし、なんといっても見た目の雰囲気や音の感じはストーナーぽい感じまでイケる!?間口が広いペダルです!