FUZZ AROUND

effector archive

Shin-Ei ME-7 Multi-Effect Wah

9月も後半、この時期になると今年もあと少しで終わるな、早いなと思ってしまいますが、
今月最後にネタ的にはFUZZを載せたいと思いましたが、変わりダネのペダルを紹介したいと思います。


f:id:dot0610:20140927011643j:plain
写真です!
Shin-Ei ME-7 Multi-Effect Wahです!70年代の日本製です。
Shin-Eiと言うメーカーはunivibeが有名です、次にsuperfuzzなど、エキセントリックでサイケデリックな音が出るようなペダルが多いと個人的には感じます。
まあー、他のblog等でも詳しく紹介されているので今更感はありますが。
muffの次に買ったビンテージペダルなので紹介したいと思い載せました。
ではなにがMulti-Effect?かと言うのか簡単に説明しますと
爪先のスイッチがサイレン音、ペダル側面にノブが3つ、モードを切り替えるノブみたいのが砂嵐、波の音、ボリュームペダルをセレクトができ残りの二つのノブが、エフェクト音のボリューム、効き方を調整するようなTONEみたいなもんです。
f:id:dot0610:20140927015929j:plain
試奏した時はサイレン音が消防車のサイレン音に凄い似ていて、うわ!凄いとテンションが上がりましたが…
リフの後ろでサイレン音を鳴らしてサイケぽい感じを演出しようと思い、いざLIVEで使って見ましたがサイレン音が小さくあまり聞こえず狙った感じを上手く表現できませんでした 苦笑
また、WAHの感じもワウワウいう感じでなくウワウワという感じで使い方にもコツがいりますね。
この時期のShin-Ei は他にもGRECO製やら、PerlAPOLLOなど、OEMで作られた物などが確認できます。
同じShin-Ei でもFUZZを搭載したMulti Wahの方がワウワウいってくれますし使えます。
無駄な機能がてんこ盛りで扱いずらいモデルですが、70年代の古い日本製のペダルには浪漫や哀愁を感じますね。